FC2ブログ
2011-06-24

蓬左文庫

毎日、名古屋市内のとある地下鉄の駅を利用するのですが、
最近、必ず目にするポスターがあります。

名古屋市蓬左文庫の展示会のポスターです。
蓬左文庫

名古屋の天王まつりに関する展示会をやっております。

私も、近いうちに行きたいなと思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2011-05-14

熱田神宮文化講座

本日午後2時より、熱田神宮にて、
熱田神宮文化講座が行われました。

鬼頭秀明先生の「愛知県に息づく山車の文化」という演題でした。

熱田神宮文化講座1

熱田神宮文化講座2

「山車(ダシ)」という言葉の起源や役割の話、
そして、愛知県内の山車の特徴のお話がありました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村
2011-01-16

「この街 この人 100年」を読む…その7

雪

雪が降って寒いですね。
本日、私の家に、回覧板が届きました。
「神社だより」があり読んでいると、浅間神社の
幟を立てるポールが2本新調されました。

1本は、本年42厄年の鶴飛会さんの寄付により立てられました。
もう1本は、山車保存会やチャラボコ、神楽などの神社関係組織の寄付です。
浅間神社にお立ち寄りの際は、一度見てください。
かなり立派ですよ。

さて、「この街 この人 100年」から、玉車関係の記述を探しています。
今日は、このシリーズの最終回です。

1980年代半ばと思われる祭礼の様子の写真が掲載されています。
装束など、現在とはかなり異なるのですが、もうひとつ、玉車の曳き方の違いを見つけました。
写真は、著作権の関係で掲載できませんので、絵で違いを紹介します。

現在は、梶に付く人は、必ず梶棒の内側に入っています。

梶の切りかた

肩で梶棒を押す人と梶棒に腕を掛けひっぱる人によって、玉車の方向転換が行われます。
玉車を上から見た図は、次のようです。

現在の梶の切りかた

しかし、昔の写真を見ると、梶棒に腕を掛ける人がおらず、
梶棒の外側から、肩で梶棒を押す人がいるのです。
図示すると。

旧梶の切りかた

このような曳き方は、現在行われていません。
(梶棒の外側から押すという梶の切り方は、他地区では見ることが出来ます)

梶の切り方も、変化しているのですね。

にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村
2011-01-15

「この街 この人 100年」を読む…その6

「この街 この人 100年」には、当時(1993年)の保存会会長であった、
鳥居一道氏による、山車保存、盆踊りでの展示の話が書いてあります。

以下、抜粋(29ページ)

車輪は大木の輪切りで、乾燥を防ぐため昔は海岸へ埋めていた。
けれども現在は伊勢湾台風被害のため、護岸が出来てそれが出来ないのが難である。
海から海水を汲んできて浸していたが、ここ十年は車の廃油を利用している。
四つの車輪に合う鉄の槽(50センチ×50センチ×1メートル)を作って油を入れ、
車の輪っぱをジャッキで上げ、下ろす。
飛び口のようなもので一年に数回位置を変えて浸し、腐食を防ぐ。

平成元年度八月の盆に、山神社にある山車倉を開いて玉車が一般公開されることになった。
盆踊りの期間中の土・日の夜である。(中略)

(当時の区長が述べるに)
「こんな立派な山車があるのですから、しまっておくばかりでなく皆さんに見ていただこうと
盆に公開することにしました。秋のように曳き回しや三番叟はやりませんが、
これで若い人とたちの関心を促せればと思います」

この記述を見ると、当時、鉄製の水槽に廃油を入れて、ゴマを保存していたことが分かります、
水槽の大きさを見ると、ゴマが4つは入りそうもないので、1つのゴマに付き1水槽があったようですね。
また、平成元年の盆踊りに玉車を展示したようです。この8月のために玉車を組上げたのか、
それとも、8月の時点で組上げてあったのか?どのようになっていたのでしょうか?

にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村
2011-01-14

「この街 この人 100年」を読む…その5

「この街 この人 100年」に、半田市亀崎地区から鶴ヶ崎区へ玉車を受け渡す際の、
文書が掲載されています。この文書の現物は、区民館に現在あります。


一、山車 壱輌
右の通包金にて目出度
御譲申候為其如件

元治元年
尾州亀崎村
子六月一四日
東氏子 東組

三州鶴ヶ崎
祭礼御講中

山車一輌を、亀崎東組から、
鶴ヶ崎祭礼講に包み金で譲ります。
という内容です。

この文書は、山車関係の道具類の中から発見されたそうです。
「この街 この人 100年」には、鶴ヶ崎へ山車を譲りうけるために、
鶴州楼主人や丸八(かね八)主人が中心となり活動を行った説が記載してあります。

丸八とはどこのお店か、私は知りませんが、
現在の浅間神社の社務所は、鶴州楼が移築されたものだと聞いたことがあります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村
プロフィール

はたけ

Author:はたけ
愛知県碧南市
鶴ヶ崎区山車「玉車」

2020年の鶴ヶ崎区祭礼は、
10月10日(土)13時30分~
10月11日(日)9時~
名鉄新川町駅周辺にて行われる予定。

ブログ中に掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。

最新記事
記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
鶴ヶ崎玉車日記
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: