FC2ブログ
2010-02-28

思ったこと・感じたこと

知多衣浦地区山車祭り交流会議に参加して、
司令長のTさんと話しながら、
今後解決していかないといけないな、と思う点をメモしておきます。

①ソフト面に力を入れるべき。
山車祭りを行う上で、大切なのは、
山車(ハード)とそれにかかわる人々(ソフト)です。

玉車の場合、幕も完成しましたので、大きな山車自体の修繕は、
ほぼ完了したといってもいいでしょう。
(といっても、細かい修繕や修理は毎年必要ですが…)

ハード面にこれまで力を入れてきましたが、これからは、
ソフト面である人材育成に力を入れなければならないと思います。

人材育成は、山車の修繕とは異なり、
業者に出して、お金を払えば、問題が解決するわけではありません。
人材育成には時間がかかりますし、
第一に、山車を好きになってもらわなければなりません。

いかにして、人材を育成し、後世へ技術や意志を残していくのか、
その具体的なヴィジョンを描かなければなりません。

②保存会への入会方法
現在、保存会に所属する方は、厄年からの入会、または、
新川小学校郷土芸能クラブからの入会の2つのルートから保存会へ入会した方が多いのではないでしょうか?
(恐らく、他の入会方法で入った方もいるはずです)

入会方法をもう少し、明確にして、
広めていく必要があるのではないでしょうか?

少なくとも、現在のような、ブラックボックス化した入会方法では、

「鶴ヶ崎区山車保存会ってどんな人たちで組織されているの?」
「あの人たちは、区のお金で飲み食いしているだけなんじゃないの?」

と言われかねません。

・鶴ヶ崎区山車保存会はこんな組織で、こんな活動をしていますよ。
・鶴ヶ崎区山車保存会はこのような入会方法がありますよ。

といった点を明確にして、宣伝し、
鶴ヶ崎という地域をより盛り上げていかなければいけないと思います。

③情報発信について
とある知多半島の方のブログで、
「対岸の鶴ヶ崎という地域に関しての情報がなく、謎の多い地域だ」
といったコメントを見たことがあります。

確かに、おっしゃる通りです。
昨年の10月に本ブログが立ち上がるまで、
鶴ヶ崎区山車保存会は、あまり多くの情報を外へ発信していなかったように感じます。

現在、本ブログが立ち上がったため、情報発信に関しては少しできるようになったかなと感じていますが、
毎日の閲覧者数を見る限り、まだまだ、保存会員以外への情報発信ができていないのかなと感じます。

今年の10月のお祭り付近の閲覧者数により判断するしかありませんが、
もう少し、鶴ヶ崎区のお祭りの上手な宣伝ができればいいなと感じています。

以上、思いついたこと、感じたことを問題提起としてメモしてみました。
保存会の方、また、本ブログを閲覧してくださっている保存会以外の方、
ご意見をいただけると参考になります。

また、保存会活動に関して問題提起などしていただけると、
さまざまな議論がその問題提起からできるのではないかと思います。

よりよい、保存会を作るために、是非、
皆様の思っていること、考えていることを教えてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 碧南情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

はたけ

Author:はたけ
愛知県碧南市
鶴ヶ崎区山車「玉車」

2020年の鶴ヶ崎区祭礼は、
10月10日(土)13時30分~
10月11日(日)9時~
名鉄新川町駅周辺にて行われる予定。

ブログ中に掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。

最新記事
記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
鶴ヶ崎玉車日記
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: